一社しか頼まないと言う事は

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

家を売る時には、必ず複数の不動産屋さんの相見積りをとる事必要になります。ご家族や親せき、知人から不動産屋さんなどを紹介してもらい、サービスしてくれるような言葉を聞いてしまうと、その方に全てお任せしてしまいたくなるような気持ちになるかも知れませんが、それでは本当に高く家を買ってくれるのかはわからない状況なのです。

実は不動産屋さんというものには、物件によって得意と不得意があります。これはマンション関係に強い不動産屋さんもいれば、一軒家に強い不動産屋さん、アパートなどに強い不動産屋さん、リフォームに強い不動産屋さん、分譲系の物件に強い不動産屋さんなど色々と強みが違う不動産屋さんがいるのです。例えば、紹介してもらった不動産屋さんがマンションには強いけど一軒家が苦手な不動産屋さんだった場合には、どうしても売却する能力が弱くなっておりますので、相場よりも安い価格での買取価格を提示してくる可能性も否定できません。その為、どうしても一件の不動産屋さんで決め打ちして売却してしまうのにはリスクが大きすぎると言う事になるのです。また、不動産の売却金額は日によって違います。前回良かった不動産屋さんも今回もっとも高く買い取ってくれるとは限らないという事です。